消費税値上げ 脱毛料金


main_top
今すぐチェック

消費税が上がったら脱毛の料金はどうなる?

日本の消費税は、2014年4月から8%に引き上げられました。

では、そんな消費税アップによって、脱毛料金にはどのような影響が出ているのでしょうか?

脱毛サロンのほとんどは、消費税が上がった分をそのまま料金に加算する形になっています。

中には脱毛ラボのように、外税となっており、公式サイトや広告等への脱毛料金の表示はそのままだけど、実際にサロンで支払う金額には8%の消費税が加算されるというところもあります。

ワキ脱毛など、小さな部位で比較的安価なコースならば、3%分の料金の値上がりはそれほど大きくは感じられないかもしれません。

ですが、全身脱毛など、広範囲で料金も高額になってしまう脱毛では、やはり3%でも、消費税が上がってしまうのは痛手ですよね。

ただし、多くの脱毛サロンでは、消費税アップ後にも引き続き魅力的な割引キャンペーンを多数実施しています。

キャンペーンで受ければ、結局、消費税が上がる前の料金とそれほど変わらない、というコースもあるので嬉しいですね。

消費税が上がって苦しい時期だからこそ、しっかりキャンペーンを活用して、お得に脱毛を受けたいものです。

消費税は、2015年の10月には10%に上がることが予定されています。

そうなると、ますます高額の部位への脱毛は厳しいと感じられる方が増えてしまうでしょう。

例えば10万円の施術を受けるためには、1万円の消費税を支払わなくてはならなくなるのです。

そう考えると、消費税が上がることによる脱毛料金への影響は非常に大きなものになってしまいます。

消費税が8%の今のうちに、高額な全身脱毛を契約して、全身スッキリしてしまうのが賢い方法だと言えますね!

消費税が10%に上がる直前には、多くの高額な商品に駆け込み需要が起こることが予想されます。

脱毛サロンでの高額のコースに関しても、駆け込み需要が起こる可能性があり、人気サロンは特に混み合うことが考えられますので、早めに契約しておきましょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 《福岡》脱毛エステサロン@人気ランキング! All Rights Reserved.