脱毛器 自己処理


main_top
今すぐチェック

脱毛器を使って行う自己処理は肌に悪いの?

家庭でムダ毛を自己処理する方法には、カミソリで剃る方法、毛抜きで抜く方法、家庭用脱毛器を使用して抜く方法などがありますね。

カミソリは肌表面を傷つける恐れがあり、ムダ毛を抜くことは、毛細血管を傷つけて肌に炎症を起こす可能性があると言われています。

では、家庭用脱毛器を使用した脱毛方法は、肌に悪い影響はあるのでしょうか?

家庭用脱毛器にも、いくつかの種類があります。

昔ながらの家庭用脱毛器は、回転するヘッドにムダ毛を巻きつけるようにして、ムダ毛を絡めて引き抜く原理のものがほとんどでした。

この方法の家庭用脱毛器では、取り残しのムダ毛が多く発生する上に、結局は毛抜きで抜くのと同じように、ムダ毛を無理やり引っ張って抜くことになるので、肌に負担がかかります。

また、強い痛みも伴います。

だから、そういった原理の家庭用脱毛器でムダ毛の処理をしていると、埋没毛や黒いポツポツといった肌悩みが発生しやすく、肌も傷みやすかったのです。

最近では、サロンの光脱毛の原理を取り入れた家庭用脱毛器が人気になってきており、これは、肌への負担が少なく脱毛できるということで好評です。

サロンの脱毛機器を、家庭でも安全に使用できるくらいのレベルの出力に落としているものなので、安全性が高く、正しく使用すれば火傷なども起こりません。

ただし、出力の面ではサロンで使用される脱毛機器にはかなり劣るため、繰り返し使っていても、「ほとんどムダ毛が生えてこない」状態にするのは難しいと考えてください。

それでも、肌に軽く押し当て、ピッと光を照射するだけで脱毛ができてしまう光による家庭用脱毛器は、肌への摩擦や、毛を無理やり引っ張って抜くという行為が無い分、肌への負担が軽減できますね。

家庭でのムダ毛の自己処理でも、様々な方法が提案されるようになり、極力肌に負担のかからない方法も出てきました。

ですが、やはりサロンで受ける脱毛には、効果の面でも、肌にかかる負担の面でも、劣ってしまいます。

より肌に負担が少なく、しかもムダ毛を効果的に脱毛したいのであれば、家庭用の脱毛器に頼るよりも、サロンで脱毛してもらった方が良いですね!

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 《福岡》脱毛エステサロン@人気ランキング! All Rights Reserved.