脱毛前 ケガ 病気


main_top
今すぐチェック

脱毛前にはケガと病気には注意して


脱毛直前にケガをしたり病気になると、施術が受けられない場合があるんですよ。

まずケガについてですが、小さな擦り傷であっても、ケガ部分は施術できません。

かさぶたでも黒くなっている為、フラッシュ脱毛では必要以上に刺激を与えてしまいますし、ニードル脱毛でも施術不可能です。

また、ぶつけて青あざなどになっている時、フラッシュ脱毛では施術することができません。

小さなケガなら避けて施術することもできますが、その部分のムダ毛は残ってしまいます。

特に多いのが脱毛直前に行うシェービングによる切り傷なので、安全な電気シェーバーを使うだけでなく、慎重に時間をかけましょう。

脱毛前にはなるべくケガをしないように気をつけましょう。

そして、病気についてですが、まず持病があり脱毛を受けられない場合があります。

内科系疾患(てんかん・甲状腺疾患・肝臓病・重度の糖尿病など)

皮膚疾患(色素斑・パジェット病・光過敏症・ケロイド体質・出血体質など)

などが挙げられます。

症状や服用している薬や各エステサロンの判断によっても違いがあるので、かかりつけの医師に相談後、カウンセリングや電話やメールにて相談してみましょう。

ただし、大きな持病はなくても、ちょっとした風邪などでも脱毛が受けられないこともあるんですよ。

特にフラッシュ脱毛を受けようと思っている人は下記の薬を飲んだ場合は気をつけましょう。

抗生物質を含んだ薬(風邪など)

抗ヒスタミンが配合された薬(皮膚病など)

精神安定剤や抗うつ薬(パニック障害やうつ病など)

実はこれらの薬には光に過剰に反応してしまう作用がある為、フラッシュ脱毛だとやけどを起こしかねません。

より安全に施術を受けるには服用後1週間は脱毛を避けた方がいいでしょう。

市販の薬の場合も、事前に確認しておくことが大事です。

エステサロンにより毎回しっかりチェックする所もあれば、確認しない所もあります。

自己判断で適当に受けてしまっては、脱毛効果が下がったり肌トラブルを起こしかねないので止めましょうね。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 《福岡》脱毛エステサロン@人気ランキング! All Rights Reserved.